2008年12月9日火曜日

くぐり門の修理



 20年前に作った庭のくぐり門の、土台の半丸太が腐ったので、桧丸太を半分に割って継ぎ目を加工して、新しい土台を作りました。
 長年風雨に耐えながら踏ん張って来た土台が腐って、くぐり門が倒れ掛けていたが、これでまた暫く倒れる事も無いでしょう。
 その後、板張りの屋根に大きな穴を見付け、板を外して見るとヤモリやブンブンが潜んでいました。そのヤモリ等を狙って、カラスが突っ突いて大きな穴を開けた様です。
 それで、屋根板や天井板を張り替えました。天井は桧の白板を張り、屋根は赤杉の厚板に黒いアクリル塗装をしました。